[世界を変えた書物]展に行ってきました。

 今週の休み、「秋分の日」は家族で名古屋市科学館へ。

先月も行ったところなので、

ブログに記事を上げるつもりはなかったのですが

ちょっと興味深い展示があったので紹介してみようかなと・・

稀覯書(キコウショ)・・

稀に出会うきわめて貴重な本。資料的な価値があり、

部数が少ないほど値段が高くなる。しかし何部以内といった基準はない。

和書では嘉永3年頃(1850)、洋書では1500年以前に印刷されたものを  

稀覯本とみなすことが多い・・

今月29日で終わってしまうようですが

今、科学館の特別展示で[世界を変えた書物]展というイベントをやってます。

最初、パンフを貰ってもピンとこなくて・・

古くて、貴重な本が展示されていても、

触ってペラペラめくれるわけでもないだろうし、

それができても当然読めないし・・

まあ、追加の入場料が必要なかったので、とりあえず入ってみたのですが

なんというのか・・

不思議な感じでしたね。

だいぶブレてますな・・(汗)

古いもので 1472年初版(541年前!!)のイシドール著の「語源学」

なるほど・・

なんだか神々しい・・魔力でも宿っていそうな雰囲気・・。

他にも

コペルニクス、ガリレオ、ニュートン、エジソン、アインシュタイン

ダーウィン、湯川秀樹!

などなど、まさにその時代の「世界を変えた」著作の初版本がずらり!

ああ・・子供の頃に聞いたあの話の「モトネタ」はまさに目の前のこれか!

という感動もあったりして。

「本」・・

というのがまた渋い。

「手書きの巻物」・・とかだとちょっと怪し過ぎるんだけど

いちおう「本」なんで・・印刷・製本技術が確立した時代以降のモノだし

おそらく多くの人の目に触れられて・・「共有」されてきたわけで・・

それでも大昔すぎてミステリアスに感じるところもある・・

「オカルト」と「科学」のちょうど境界線をいったりきたり・・。

なかなか知的で、刺激的なイベントでした。

ハードウェアも(もちろん電気も)必要としませんから

もしかしたら「究極の記録メディア」!

かもしれませんね・・。

関連記事

最近の記事

  1. ヘアケア商品セール始まりました

  2. 今年もイルミネーション

  3. お知らせ

  4. BGM 新しくしました

月を選択
PAGE TOP