パソコンの入院・その2

 前回のつづき・・・
パソコンを修理に送ってから数日後、
メーカーの修理担当の方から連絡をもらい、細かい話の確認・・。
これから”診断”に入って、パソコンの現在の状況、ダメージの程度を
検査してから、実際にデータの修復が可能かどうかの判断をするらしい・・。
前回の投稿でも書きましたが
場合によってはかなり難易度の高い作業になるらしく
「集中治療室」送りになっちゃったりしたら・・その治療費=見積もりは
数万円から数十万円!!

しかも、そこまでしてもデータが完全には復旧しないかもしれない・・らしく、
検査結果が出るまでに、どうするか考えておくように・・
と言われてしまい、なにやらめまいが・・。
それから、さらに数日後・・
「修復作業の結果にたいして文句を言わない同意書」

「とくに何とかしたいフォルダ、ファイルのリストを書き出す用紙」
が郵送されてきて、すぐさま「同意」して返送・・。
この時点ではまだ検査結果は出ていないので
行くか、引くかの判断はまだ保留中。
う~ん、どうしよう・・・?
結局、大事なのは仕事がらみのデータ
ほんとに大切な顧客情報の類は
他のところに安全にしまってあるので問題はないのですが
今回の件も、それなりに大事・・・!
できれば、なんとかしてほしい!のが本音。
「ダメモト」で、それらだけは(救出を)お願いしておきました。
あとは待つしかないみたいですが・・
なんだか、テンポが悪いんですよね~。
 

関連記事

最近の記事

  1. 【ご注意ください】デュアルビーシリーズ商品

  2. 内装工事一区切り

  3. 会議・・会議・・

  4. 春から初夏へ・・

月を選択
PAGE TOP