ガイジンのお客様

 このあいだ、ここのブログを見に来た友達の美容師ブロガーに、
「まだまだカタイ~!」(コメント参照)
と指摘されてしまった。
ちょっと、ストレッチが足りないかな?
お店での出来事から・・・
先日外国人のお客様が、毛染めをしにおみえになったのですが、
この方、ほとんど日本語が話せなくて、
お互い、もの凄っごいカタコトの言葉のやりとりを繰り返して・・・
「色・・クライ?・・ダメ?アカルイ?・・OK・・・?」(僕からのコメント)
・・でなんとか作業にこぎつけたのです。
しばらくするとその方が、
「カミ・・キレイ・・タタミィ~?タタミィ~?」
・・・?
(タタミィ~?・・・てなんだ?畳か?でも何で突然・・畳なんだろ~?)
「・・・畳のことですか?」
「ソウソウ!タタミィ!タタミィ~!」
(・・・いや違うだろ。この展開で畳の話はありえない。)
「ああ・・そうですか~畳ね~」
と、違うと解ってるくせに話をスルーしようとしても(ダメでしょ!!)・・・
「カミ・・キレイ・・タタミィ~?」
なかなか話題が変えられない・・・どうしよう?
そうこうしているうちに、その方が店のメニューをひとつひとつ、
僕に言わせようとするので、
「カットとカラーと・・パーマでしょ・・あとストパーとか・・トリート・・」
「!!ソレソレ!タタミィ~!!」
・・・トリートメントの発音が外国の人が話すと、
”タタミィ~”に聞こえてしまうという(僕にはね。)、エピソードでした・・。
英語だってロクに話せない僕にとっては、
ポルトガル語はハードルが高いです(そのお客様はブラジルの人でした・・)。
もし次回来店していただけたら、”タタミィ~”をおすすめしてみようか・・?
言葉が通じれば・・ですが・・。

関連記事

最近の記事

  1. 2021年、ミーティア冬バージョン

  2. 冬の商品セールのお知らせ

  3. 晩秋

  4. リーフレット

月を選択
PAGE TOP