DVDレコーダーの不具合②

 前回のつづき・・・
「DVDプレーヤー(機能)」の不具合を解消するために
メーカーのカスタマーセンターに電話してみようと思いまして・・
好都合なことに、モノは一応「パソコン」なので、問い合わせ先が
デスクトップ画面に貼ってあります(この場合はシャープのサイトですね)。
・・で”窓口”の番号を控えて電話します・・
ふと思ったのですが、
これがいわゆる機械的なトラブルだとしたら・・?
持ち込み修理が必要となったら・・?
けっこうやっかいです・・
なんせ”オールインワン・コンセプト”ですから、
「DVDプレーヤー」を直すために
パソコン・テレビごと預けることにならないか!?
運ぶのもモノがそこそこ大きいうえに、配線の問題が・・・
なんだか面倒臭いことになりそうな予感が・・・
とりあえず・・
オペレーターにつないでもらい、状況を説明すると
「分かりました、ではいろいろ試してみましょう。」
なかなか頼もしいリアクションです。
・・・もちろん”日本人”の方でした。今回は・・・
電話の指示に従い、
パソコンの裏側のジャックを何本か抜き、本体をシャットダウンさせて
しばらく放置・・電源ボタンを”カチカチ”押して「簡易放電」完了・・
それから再起動・・
で、「セットアップユーティリティ」の内容の変更。
初期設定の「音声部分」を変えるんだか、リセットするんだか・・
とにかく自分ではいじれない、選べない箇所を
言われるがままに入力し直します。
で完了・・
テスト・・
すると・・
直った!みたい・・・?

正確にはDVDを再生するソフトの
Windows Media Player の方は正常に動きましたが、
もうひとつの
Win DVD は相変わらず「オカマ音声」・・
どっちかっていうとWin DVD のほうが使い勝手がいいので
(リモコンで操作ができるので。)
こっちをなんとかしたかったんですが、
OSを初期化しないといけないとか、
不具合が起きる前の状態まで「パソコンの時間=時計」を戻すとか
「DVDレコーダー」のフリーソフトをネット上からダウンロードするだとか・・
いくつかの方法を提案してもらったんですが・・
結局、Windows  Media player をそのまま使うことに・・
なんだか失敗しそうなので・・
しかし、こんなふうに「機械」?が直せるとは・・
ちょっと不思議な感じ・・?
でも・・
Win DVD はオカマちゃんのままなので、DVDを視聴する時の
”早送り”や”一時停止”は画面上のカーソルを
動かしながらしなければならない・・
Windows Media player の場合は・・。
コレ、けっこうストレスです・・・。


昨日はバレンタインデイでしたね・・・。

関連記事

最近の記事

  1. 2021年、ミーティア冬バージョン

  2. 冬の商品セールのお知らせ

  3. 晩秋

  4. リーフレット

月を選択
PAGE TOP