髪をブリーチすると・・ 2 (てんしゅ)

前回のつづき・・

 

 

美容室において、ブリーチとは・・

 

1剤の(過硫酸塩を助剤とする)アルカリと2剤の過酸化水素水を

 

混ぜ合わせた時の化学反応(発生する酸素)を利用して

 

毛髪内部のメラニン色素を破壊(!)する作業のことを指します。

 

放置時間・塗布の回数にもよりますが、劇的に髪の色を明るくすることができる代わりに

 

同じく毛髪内部のケラチンタンパクも一緒に壊してしまうので

 

当然、髪にはかなりの負担がかかります。

 

通常のカラーリング(アルカリカラーによる毛染め)と作業行程はほぼ同じですが

 

「毛染め」が「加える」ものなら、「ブリーチ」は「失わせる」もの。

 

結果的に髪は、中身がスカスカになり、バサバサの状態に・・(汗)。

 

美容師の一般論でいっても

 

「ブリーチはすごく髪が傷むから、あまりやりたくない(=やらせたくない)。」

 

というのが本音・・・

 

なのですが!

 

そこまでしなければ、表現できない色というのもあるわけで

 

本来、真面目な人が多いと思われる我々美容師は(笑)

 

ダメージコントロールと素敵なカラーリングでお客様を喜ばせたい♡という二つの命題を

 

いかにバランスを取り、ちょうどイイ感じに仕上げるか?

 

というところで日々頑張っている・・というわけです。たぶん・・。

 

 

少し前に・・

 

「ダメージレスでブリーチができる添加剤」というのが業界内でちょっと話題に。

 

イヤイヤ・・ウソでしょ?

 

って感じだったのですが、ここ1年くらいの間にいくつかのメーカーから

 

同じようなコンセプトの商剤が続けて発売されて・・

 

もし本当にそうなら?かなり画期的な代物かしれない・・

 

とはいえ・・

 

そもそもハードブリーチまでするカラー施術は実際にはそこまで需要ないしな~

 

ってことでしばらく「保留案件」だったのですが・・

 

 

「海外では使われていた内容成分がやっと国内で認可された」

 

「再生医療の分野でも注目されている」

 

「まったく新しいタイプの内部補強系処理剤」

 

「髪色に無限の可能性」

 

などなど、かなりそそられるキラーワードがビシビシ刺さってきてw

 

「もちろん通常のカラーリングにも流用可能!」

 

・・じ、じゃあちょっと試してみようかな・・?ってことに。

 

問屋さんのご厚意で「噂の処理剤」の中の一つを少し分けてもらい、実験!

 

・・でも、いきなりお客さんで!っていうわけにもいかないし

 

日々の経過観察ができないのも具合が悪い。

 

サンプル作り用の「毛束」を使うっていう手もあるんだけど、それで違いがそんなに分かるのか?

 

身内のスタッフにお願いして頭を貸してもらおうか、とも思ったけど

 

だったら、自分の頭でやるのが一番判断できるかも!ってことに気がついて・・

 

 

 

・・30年振りの金髪になったのですw

 

 

頭を左右で半分に分けて

 

片方を処理剤「使用」、もう片方を「未使用」でブリーチ2ラウンド。

 

その後、中明度のヴァイオレット系ブラウンで染めて落ち着かせて・・

 

もうすぐ3週間になります。

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

結構、僕の髪、タフなのかな?あんまり違いが分からないんだよね・・(汗)。

 

いや、悪くはないと思うんだけど・・?

 

もう1回試してみようかな?その時はもっと髪を痛めつけてから・・!かな(汗)??

 

 

 

 

※よいこはまねをしないでね(笑)。

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. リーフレット

  2. ★南口佳枝をご希望のお客様へ★

  3. 生後4ヶ月、ファーストヘアカット

  4. 秋のミーティア

月を選択
PAGE TOP