電話番号

前回のつづき・・

幸い 、公衆電話は施設内に見つけることができたのですが

電話をかけようにも・・

お店兼自宅で利用している回線は

このとき、僕の「沈黙している」携帯に

転送設定されていたのでつながらず・・

もう1つ増設した回線の番号は・・憶えていなくて・・。

嫁さんの携帯番号を憶えていれば一番良かったんですが・・

今まで、この”11ケタの数字”を

あえて頭に入れておく必要がまったくなくて・・

結局、直接この問題を解決できる番号には

どこにもかけられないじゃないか!ということに。

ふつう、電話番号って

いくつくらい頭に入っているもんなんですかね~?

携帯電話を持つようになってから、必要な番号はほぼ本体のメモリーに

登録するようになり、

自分の記憶力には頼らなくなってずいぶん経ちますが・・

そのツケを今払わされることになったということか。

途方に暮れかけたそのとき、ひとつアイデアが閃きました!

「ハリー、おばあちゃんちの電話番号憶えてる?」

「うん。」

でかしたぞハリー!!

息子・ハリーは嫁さんの実家に電話するとき、

いつも”ふつうに”番号を押してかけるのです。

自宅の固定電話は当然、よく使う番号は電話帳登録してあるので

スクロール検索してかけるほうが楽なはずなのに・・です。

でも、ハリーのおかげで嫁さんの実家から

”11ケタの数字”を教えてもらうことに成功しました。

よかった~。

で・・

やっとのおもいで嫁に電話をかけたときには・・

「もう着いてますけど・・?どこにいるの?」

彼女は待ち合わせ場所に到着してました・・(汗)。

まあ・・ふつう、そうなるよね~。

関連記事

最近の記事

  1. 2021年、ミーティア冬バージョン

  2. 冬の商品セールのお知らせ

  3. 晩秋

  4. リーフレット

月を選択
PAGE TOP