猫を買う(飼う)としたら・・ ②

前回のつづき・・
アメショーのブラックスモークの件は、ちょっと残念でしたが
結果的に、「猫を買う(飼う)こと」について
いくつかの”指針”を固めることができました。
”猫(動物)に対して極力負担の少ない配慮をしてくれる”ことが大前提!
外からは分かりにくい部分ですが・・あとは・・
・ 「生産者」と「販売店」のプロセスが少ないほうがいい。
・ 直接会える近いところで見つけたい。
・ 親猫がそばにいること。
・ できれば「プロ」のほうがベター。
・・って思っていたら
隣町に自前でブリーディングしているペットショップを見つけた。
ある程度、種類は限定されてしまうけど
お店にいる「お母さん猫」のそばで、
兄弟たちとギリギリまで一緒に育てられているのはとても好印象・・
離乳時に別の業者さんに委ねられたら遠方に旅立つ子もいるのだろうけど
「ここ」で購入すれば、物理的な移動も最小限度。
繁殖に直接関わっているショップの人ともダイレクトに情報交換ができる
ということは・・
愛情と責任を持って対応してくれそうです。
(もちろん、それはこっちも同じ!)
う~ん・・
こういうお店ならいいかもしれないな・・。
と思いながら、ショーケースを眺めていたら・・
「だっこしてみます?」
と言われてしまった(汗)
え・・?・・そ、そんなことしたら、一撃でノックアウトされてしまうけど
いいのかな~?(嬉)
 

関連記事

最近の記事

  1. 夏限定!ミーティアの「アイスリフレッシュ&ディープクレンジングコース」で爽快感と健康な頭皮を体験しよう!

  2. 夏の紫外線から頭皮を守る!ミーティアおすすめUVスプレーのご紹介

  3. 髪も紫外線対策の時代!UVケアスプレーを入荷

  4. 梅雨の髪悩みを解消!新登場ハニートリートメントで美髪を手に入れよう

月を選択
PAGE TOP