猫を買う(飼う)としたら・・

また猫の話です・・(汗)。
みーあはいないというのに、このカテゴリーのネタが続くということは・・
他に話題がないからか・・(恥)
少し時間をさかのぼりますが・・
子猫情報・・とくにアメショーのブラックスモークの情報を中心に
ネット上で漁っていたら
隣の県のペットショップでみーあによく似た子猫を発見!
じつはこれまでにも何匹か見つけていたのですが
遠方だったり、予算オーバーのケースが多く、すべてをスルー・・。
でも「この子」なら物理的にも、予算的にもまさに「手が届きそう」。
これは具体的に検討する価値があるかも・・!?
ところが、ちょっと躊躇している間に
ショップのサイト上に「検討中のお客様現る」の表示が出てしまった(汗)!
ぐずぐずしていたら”よその子”になってしまう!?
とりあえず直接電話を入れてみて状況確認をしてみると・・
「内金を振り込んで頂ければ、交渉権は一番にしてくれる」けど
「入金の手続きが完了しないと店頭で購入する人を最優先にする」と言われた。
やっぱり直接買いに行くのが確実・・か・・。
このお店の場合、
通常なら系列ショップ内で動物の「移動」もしてくれるので
最寄りの店まで気にいった子を連れてきてもらえる。
それはすごく楽でいいなと思っていたのですが・・
この状況ではぜいたくは言えない(汗)。
で、結局・・
「じゃあ、直接伺います!近日中に!!」
ということにしてしまった。
もともと”実物”を見ないで決めるつもりもなかったし、行くしかない!
ところが・・
「じつはお客様・・」
「え?」
そのブラックスモークちゃん、
この時体調を崩していてしばらくは出せそうにない・・という答えが返ってきた。
それ、けっこう重要な情報だと思うんだけど・・(汗)。
”体調を崩している”ってどの程度の問題なんだろうか?
すぐに復調・・すると思っていいのか?
冷静に考えれば
生後数週間で「出荷」されたり「集荷」されたり「輸送」されたり・・
動物にストレスがかからないわけがない。
なにかの感染症に罹患するリスクも高いかもしれない。
かなり迷いましたが
みーあを病気(感染症ではなかったけど)で亡くしている身としては
あまり積極的には検討できず、結局「保留」にさせてもらいまいした。
「外にいる子」たちも大変ですが、ペットビジネスの枠の中にいる子たちも
けっして幸せではないです。
提供する業者さんも、結局ニーズがあるから応えているわけで・・
人気の高い猫種になると、
無茶なブリーディングの繰り返しで奇形の発生率が高くなったり
先天的な疾患を持ってしまったり・・
売れ残ったりしたら・・やっぱり「処分」されてしまうこともあるかも。
正直ちょっと危うい商売だな~と思う反面・・
僕も間接的に加担している・・わけで、なんだか複雑な気分です・・。
 

関連記事

最近の記事

  1. 秋のミーティア

  2. 中部美容専門学校卒業式

  3. 連絡事項

  4. 夏期休暇のお知らせ

月を選択
PAGE TOP