柿の仕送り

昨日、僕の実家から柿の仕送りがありました。

浜松・大平(おいだいら)の次郎柿
母方の叔母が柿農園をやっている関係で、実家にいた時はもちろん
我が家ではこの時期、ミカンと並んでかなりなじみのある果物なのですが・・
長年食べてきたせいで・・?
最近は「・・また柿か・・。」と、申し訳ないけど少々食傷気味でした。
話は春にさかのぼります・・
4月に某国の大統領が来日した際、
非公式の夕食会が銀座の某高級寿司店であったとニュースになりました。
その時、実家の母親からなぜか電話がありまして・・
「今ニュースになってるあのお店のことなんだけどね・・」
ミシュランの”三ツ星”をとり続け、
この秋は、店主が黄綬褒章を受章したあのお店に・・
なんとうちの叔母さんトコの柿が納品されているという話が!
「それって・・すごいよね・・?」
「そうよ~!」
もし、その会談がこの秋にセッティングされていたとしたら・・
あの大統領が
食後のデザートに叔母さんトコの柿を食ってたかもしれない!?(妄想・・)
人って、なんというか・・
こういう話を聞くと、なんだかきゅうに物事の印象が変わるというか・・
「○バマの話」はぬきにしても、そんなお店で使われてるというだけで立派!
と思ってしまうし
それまでは「・・またか・・。」と思っていた柿の仕送りが
この秋は「まだかな~例のヤツ・・♪」と心待ちにしている自分がいて
なんだかとっても恥ずかしい~。
柿なんて、どこにでもあるもんとなんとなく感じていたのですが
最近調べたところ、
・静岡と愛知で全国のおよそ8割をまかなっている
・僕の地元浜松は産地としてかなりランクが高いらしい
・そもそも柿はものによってはかなり高価(買わないので知らなかった)
だそうです。
今年からは襟を正して(?)頂きたいと思います。

もっとも、ウチに回ってくるのはアウトレット・・
って話だけどね、でも十分おいしいから!!
余談ですが・・
ウチの母親は叔母んトコの柿を近所で相当売りさばいているようなのですが
ツワモノのおばちゃん連中は
「高級品は買えないから B 級品をいっぱい作るように言っといてよ~!!」
・・って言うらしい・・
すげ~な、おばちゃんたちは・・(苦笑)。
 

関連記事

最近の記事

  1. 秋のミーティア

  2. 中部美容専門学校卒業式

  3. 連絡事項

  4. 夏期休暇のお知らせ

月を選択
PAGE TOP