最近の動画サービス事情? (てんしゅ)

最近、「ウォーキングデッド」が思いのほか安く借りれて(見れて)・・

 

ふと思ったことを・・

 

 

今って、レンタル DVD の価格破壊が激しいですよね。

 

僕が若い頃だと

 

300円から400円弱が相場で、新作だとさらにアップ・・って感じでしたが

 

今じゃ、旧作だったら1週間100円切るのが当たり前の時代になりました。

 

なんでそうなっちゃったかといえば、理由はいろいろ・・

 

結局、借りに行けても返しに行くのが面倒・・

 

「ポストに返却」っていうのもあるけど、ポストに行くのも同じく面倒・・とか。

 

 

「タイムリーに観れない」ことが多いのも弱点。

 

僕がはまっている「ウォーキングデッド」で言えば

 

今、準新作扱いで借りられる「シーズン6」は

 

有料チャンネルでは1年以上前にオンエアされていました。

 

(最新の「シーズン7 後編」は、この春にスカパーでオンエアされていたので

 

レンタルショップで安く借りられるようになるのは、だいぶ先だよね~)

 

好きな人にとっては、このタイムラグは致命的でしょう。

 

 

せっかく、お店に行っても借りられていたり

 

そもそも、観たいソフトが入荷すらされないことだってある。

 

お店として、ストックするのに物理的な限界があるのは仕方ないですが

 

ユーザーからすれば、これもマイナスポイントになりますよね。

 

 

昔はそれでも良かった。

 

「そういうモン。」だと、みんな納得してた・・。

 

 

でも今は、ネット環境を利用した動画配信サービスが台頭してきています。

 

僕はまだ手を出していないので、あまり詳しく知らないのですが

 

今すでに、いくつかのサービスがシェア争いでしのぎを削っているみたい。

 

少なくとも既存のレンタルショップのウィークポイントは

 

これらの「次世代サービス」では解消できそうな気がします。

 

最近では普通に見られるテレビチャンネルに加え、無料の衛星放送も充実してるし

 

「少し前に話題になった映画」なんかもよくオンエアしてくれる。

 

YouTube や、ニコ動に代表される動画サイトもすごいことになってますし・・

 

そりゃ既存のレンタルサービスが「時代遅れ」にもなってしまうのも仕方がないよね。

 

他にも安上がりな娯楽はたくさんあるし、値段が下がるのもある意味必然か・・。

 

 

 

僕らの仕事も「生活関連サービス業」。

 

時代とともに、業界の内外に「変化」が伴うのはよくあることですが

 

今までとは違う「未来の形」に対応していくのって

 

なんだかとっても戸惑いそう(汗)。

 

異業種の栄枯盛衰とか見せられると、とくにね・・

 

ドキドキが・・ね~?

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. ★南口佳枝をご希望のお客様へ★

  2. 生後4ヶ月、ファーストヘアカット

  3. 秋のミーティア

  4. もう9月に・・

月を選択
PAGE TOP