小惑星と隕石

 先週のニュースで・・

直径45メートルほどの小惑星が16日未明、地球に最接近しました。

小惑星「2012DA14」は、
明るさが約7等のため肉眼では確認できませんでしたが、
午前4時半から5時半ごろにかけて、西から北の空へゆっくり動いていきました。
地球に最も接近した時は地上からの高さが2万8000キロほどで、
気象衛星などの静止衛星よりも内側を駆け抜けていきました。
直径は約45メートルで・・・

という話が突然降って湧いて・・

人工衛星よりも内側を通るって、落ちてきそうなもんだけど

そうなったら、「リアル〇ルマゲドン」だよな~

ほんとに大丈夫か~?

なんて思っていたら・・!

その前日・・

衝撃的な動画が数多く上げられてましたが・・

小惑星の接近と隕石の落下なんて

二日続けて起きるような話題じゃないよね~確率的に言って。

「ロシアの隕石」の映像は

You Tube で見ると

タイトルに「METEOR」の文字がだいぶ躍って?まして・・

自分のお店の屋号を意外なところで見る事になってしまい

死者が出なかったことは不幸中の幸いでしたが

「災害のニュース」の中では見るのはちょっと残念でしたね。

「流れ星」といえば

願いを叶えてくれて、吉兆を運んできてくれる

幸福でロマンチックなイメージもありますが・・

(・・じゃないイメージもありますが)

”宇宙の法則”に人の都合はあまり関係ないようです・・。

関連記事

最近の記事

  1. 2021年、ミーティア冬バージョン

  2. 冬の商品セールのお知らせ

  3. 晩秋

  4. リーフレット

月を選択
PAGE TOP