家庭訪問

 またしても子供の話。
新学期早々・・・
小学校関係のイベントが続いております。
授業参観PTA総会は申し訳なかったのですが不参加で、
今週は家庭訪問がありました。
自分たちの休みの日に日程を変更してもらい
僕も立ち会う?ことになりました。
ここで問題・・
「先生はどこまで入ってくるんだろう・・?」

僕個人の感覚・記憶では
”玄関先”で・・・なんなら”立ち話”でも可・・?
と思っていたのですが、「ヨシ子ちゃん」が反論。
「”立ち話”はまずいでしょう、リビングまで上げる用意はしとかないと!」

・・だそうです・・そんなもんかな・・?
一応、お店にみえる先輩ママさんたちにも御意見を伺うと・・
「先生にもよる。」
・・だそうです・・なるほど・・。
でも、となると(上がる前提で・・)相当気合いを入れた掃除をしなくては!
「先生」に限らず、誰かを迎え入れる時は大掃除?のいいきっかけになるので
悪いこととは思わないのですが、やっぱり大変は大変・・
とくに・・
こういう時の「ヨシ子ちゃん」はA型の血が騒ぐのか、

かなり高めにハードルを設定します。
数日前から
「・・そ、そんなところまで・・・!?」
って勢いで徹底的に掃除!
でも、やってもやっても納得がいかないみたい。
僕の目には、転居以来
最高レベルの「クリンリネス」が確保されたように思うのですが・・
・・で当日・・。
「ああっ・・!?」

「ど、どうした!?」

「お茶とお茶菓子がない~~!!」

「・・・え?」

我が家はコーヒー党なので緑茶・紅茶のストックがありません。
一応、もらい物の水出し麦茶が冷蔵庫の中にはあるにはあるけど・・
・・・というか・・・
それって・・必要なの・・?」

「そりゃ、いるでしょう!ウチ、お母さん必ず用意してたもん!」

ふ~ん・・まあ、無いよりはあった方がいいかも・・
で急いで買出しへ・・
なんとか出来る準備は済まして、定刻を迎えました。
結局・・・
先生としては
「場所は玄関でも構いませんよ・・。」
とのことでしたが、あんなに頑張って掃除したんだし
これで上げないのも、なんだか悔しいので?
リビングまで通してしまいました。
お茶は・・
いらなかった・・・というか、出し損ねてしまったというか・・・。
まあ、どっちでも良かったんじゃないかな。
子供の話は・・・
なに喋ったかな・・?
まだ始まったばかりですからね、そんな”重い”話は
なかなか出ないですよね、ありがたいことに・・。
でも、なんだか不思議な感じでしたね。
学校の先生に自分の子供の様子を聞くなんて・・
なんだか「大人みたい・・。」なこと、してるな~。
自分が「学生」だったのって、
そんなに前のことじゃないような気がしてたけど
じつは、はるかに大昔のことだったんだって
痛感してしまったな~。

関連記事

最近の記事

  1. 中部美容専門学校卒業式

  2. 連絡事項

  3. 夏期休暇のお知らせ

  4. 浴衣撮影会

月を選択
PAGE TOP