ミルエクの成長日記 16 (てんしゅ)

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

 

 

ねえ~、なんだかリオ五輪ってどうなの?

 

そもそも・・ちゃんとできるの・・??

 

 

・・なんて話も少し前まではよく聞かれましたが・・

 

始まっちゃったら、急にスポーツの祭典らしく盛り上がってまいりました。

 

(まあ・・課題は課題として、そのままなんでしょうけど・・)

 

折しも、外は炎天下。

 

ポケモンマスターを目指して外を徘徊するには

 

ちょっとコンディションが厳し過ぎる。

 

おとなしく家に籠って

 

テレビをザッピングしながら過ごすのが案外正解かもしれませんね。

 

 

 

さて・・

 

猫の話のつづき・・

 

 

もともと

 

子猫の頃は見ていないと彼ら自身が危険だし、「人の生活」も荒らされる危惧があったので

 

仕事も含めて家を留守にする時と、人が寝ている深夜から朝までの間は

 

彼らにはケージに入っていてもらいました。

 

それを、昼夜、ほぼ自由に家の中を動きまわれるようにしたわけですが・・

 

トイレと寝室だけはドアを常に閉めて、”侵入”させないようにしておいたのです。

 

ところが・・

 

ある朝、目が覚めてみると

 

そこにはいないはずの2匹の猫たちがベットの周りをうろうろしている。

 

ドアは開けてなかったのに・・?

 

「あ・・もしかして・・?」

 

 

 

 

 

 

レバー型のドアノブなので、おそらく・・

 

 

 

 

大柄のエクなら、飛び付いてドアを開けれるようになったかもしれない?

 

 

 

 

 

そして、寝室には・・

 

 

 

 

ミルがとっても気にしている「ある物」が置いてある・・

 

 

 

それがこれ・・

 

 

 

 

ツムツムっぽい?ネコのぬいぐるみ・・?

 

 

 

実際、ドアが開けられた時には、所定の位置から無くなっており・・

 

 

 

 

 

ミルががっちりキープしてました(笑)。

 

 

 

 

 

 

毛並みが似ているから好きとか・・あるのかな?

 

 

 

 

それにしても・・

 

 

 

 

 

 

目つきがやばいです・・(笑)。

 

 

 

 

とりあえず寝室が無事で、安眠が妨げられなければ

 

猫の出入りは容認するしか・・ないのかな・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. リーフレット

  2. ★南口佳枝をご希望のお客様へ★

  3. 生後4ヶ月、ファーストヘアカット

  4. 秋のミーティア

月を選択
PAGE TOP