ボブスタイルについて・・?

 たまには美容師らしい話を・・・
つい最近、ウチの奥さんがヘアスタイルを変えました。
(もちろん切ったのは僕です。)
といっても、もともと”長めの前下がりのボブ”だったものを、
”えりあしぎりぎりの平行ラインのボブ”にマイナーチェンジ?です。
ちょっと切っただけのつもりだったけど、”アフター”を見るとなかなか・・・

変化が大きいな~
と思ったりして・・・(ビフォアーも撮っておけばよかった・・)
「お正月に着物を着るつもりだから・・」という彼女の予定と、
「南田洋子のイメージで・・・」(古っつ!)という希望に応えて
和装と相性のいいヘアスタイル=シンプルなボブスタイルにしたんですが、
なかなかのインパクトです。

年末や年度末の時期は、「区切りの季節」だからなのか、
わりと思いきってスタイルチェンジをされる方が増えますね~
美容師的にはちょっと刺激的で楽しい時期かも・・?
(もちろんキープコンセプトの方も大歓迎ですよ~!!)
ところで・・・
”ボブ”って、言葉にするととてもシンプルなイメージなんですが、
ショートボブ、グラデーションボブ、レイヤーボブ、マッシュルームカット・・・
”おかっぱ”っていう場合もあるかな~?
”ボブ”は意外と表情豊かで、複雑なヘアスタイルだと思います。
女性誌のヘアスタイルのページを見ても、どこまでが”ボブ”なの~!?
って感じで、基準がよく分からないですよね。
僕が思うに・・・
①短い場合で耳ぐらい、長めの場合で肩ぎりぎり・・
”耳全開”でも(ショート)ボブは作れると思いますが、肩につく長さだと
ボブと呼ぶには長過ぎじゃないかと・・
②てっぺんのあたりの髪が、なんとなく長い
この定義は文字通りかなり”あいまい”ですが、上が短いのもボブにくくると
それこそ、全部のヘアスタイル=ボブになりかねない・・
③最近は”かるく”するための処理がされることが多い
いわゆる、”そぎ”とか”すき”とかいう間引きのテクニック=毛量調節や
”レイヤー”や”グラデーション”といわれる髪の重なりをコントロールして
ヘアスタイルの輪郭=フォルムを変える技術の組み合わせは
今は当たり前になってます。
余談ですが、ウチの奥さんの今回のカットは”間引きなし”、”段カットなし”の
ワンレングス・・クラシックなデザインのボブですね。
まあ、あくまで僕の私見ですから・・
美容師の常識・・とも言えないかも・・。
みなさん、美容室でオーダーする時は慎重に。

関連記事

最近の記事

  1. 秋のミーティア

  2. 中部美容専門学校卒業式

  3. 連絡事項

  4. 夏期休暇のお知らせ

月を選択
PAGE TOP