オーストラリア戦、惜しくもドロー

 昨日の試合は前の試合に比べてなかなか見応えがありましたね~
パスもよくつながっていたし
狭いエリアでもドリブルで勝負したり
昔みたいに「手詰まり」な感じの遅攻も少なく
「何かやってくれそう」な雰囲気は途絶えることはなかったね。
勝って終わるにこしたことはないけど
本大会までの長い時間を考えると
あまり順調にいかないほうが、かえって経験値は上がるかも・・
その意味でいえば
アウェーで引き分け、しかもあの内容なら充分でしょうね。
遠藤、今野、内田、長谷部、栗原あたりは
戦前から不安要素がありましたが、この3試合に関していえば
合格ラインじゃないですかね・・ミスもあったけど・・。
レフリングの問題はあとを引きそうですが
(その結果次節、出られない選手もいますし・・)
この時期でまだ良かった・・
本田の「幻のFK」が騒がれてますけど
本人、苦笑いしてたもんね
そんなにムキにならなくてもいいのかもね。
これでA代表の試合はしばらくないんで
次はオリンピックか・・?
いや・・ユーロを見ておかないといけないね・・

固唾を飲んで戦況を見守るふたり・・?

関連記事

最近の記事

  1. 2021年、ミーティア冬バージョン

  2. 冬の商品セールのお知らせ

  3. 晩秋

  4. リーフレット

月を選択
PAGE TOP