みーあの闘病日記 23

JUGEMテーマ:にゃんこ

飼い猫・みーあを点滴(&流動食)治療の為、病院に入院させた日は
くしくも、息子・ハリーの11歳の誕生日でしたが・・
年を追うごとに、こころなしか雑になりつつある”そのお祝い”が
家族同然?のペットの不在で、さらにトーンダウン・・
みーあは良くも悪くも存在感の薄い猫なのですが
(そう鳴きもせず、走り回ったりもしない・・まあ病気のせいだろうけど。)
やっぱりいないと物足りないんだな~
仕方がないけどね。
みーあ愛用の自動給水器のコンセントをとりあえず抜き、
餌のトレイも空にして
ふたつに増やした猫用トイレもきれいに掃除。
それだけでも動物の”気配”ってちょっと消えちゃう気がする。
我が家の場合、
家族の寝室とハリーの部屋(仮)、押入れの引き戸、あとトイレは
みーあに侵入されないように原則しめ切りを心がけているのですが
(荒らされると困るので・・)
しばらくはドアの開け閉めもルーズにしても大丈夫・・
それはそれでなんだか寂しいのだけど。
入院の際、
「希望としては短期(入院)で・・。」
とお願いしました。
まだ大丈夫、元気になれるだろうと、基本的には楽観的に考えているんだけど
治療の効果が思い通りに出なかったら・・?
その時は家に戻したほうがいいんじゃないかと・・
結果が変わらないのなら、苦痛やストレスが長引くのもかわいそうだし
延命させることは飼い主のエゴかもしれないし・・

「カテーテル(流動食を入れるチューブ)をつけたままにしておいて」
家でも流動食を与えるんなら早く退院できるかも・・
と病院サイドから”裏技”としてご提案されましたが
それもどうなんでしょうか・・ちゃんとできる気がしねー(汗)
「命」を扱うのは難しいね。
 

関連記事

最近の記事

  1. 浴衣撮影会

  2. 私自身が苦しんだから伝えたい【バイオプロポーザーフェムテック講習会へ参加】

  3. ヘアケア商品セール開催中

  4. 浴衣撮影会♪

月を選択
PAGE TOP