みーあの闘病日記 22

JUGEMテーマ:にゃんこ

飼い猫・みーあの貧血の改善を期待して、餌の変更をしたところ
悪いなりに落ち着いていた腎臓の状態が悪化してしまいました。
病状の見極めが難しく、こういうことがあるのは仕方がない・・
「とりあえず、点滴をすれば少しは楽になると思うけど・・」(先生)
ちょっと悩むところ・・
点滴には数日の入院を要しますし、それが本人のストレスになるかもしれない・・
(お金もバカにならないし。)
引き続きリンの吸着剤と胃潰瘍の薬を経口で与えながら
戻した腎臓サポートフードをちゃんと食べてくれれば
そのほうがいいのかもしれないと思ってみたり・・
結局、その日は家に連れて帰りましたが
翌日までの丸二日(・・いや三日かな?)、餌に口をつけることがなく
体重も 2.6 キロまで減少。
こうなると、ちょっと”様子見”というわけにはいかず
再度病院へ・・

仮に・・
もし、今の不調が貧血・・Felv からきているのなら・・
入院させてまで「なにかの処置」をするのは・・どうなのかな・・
「感染後、3年以内の致死率80%以上」
というデータが重い。みーあは夏が来たら4歳になるので・・
でも、前日の血液検査では貧血の値は悪くなかったので
ここはもう少し頑張ってみるべき・・
だろうということで

みーあ君、3度目の入院・・
また鼻からごはん、もらってます・・。
機嫌悪そうだな~。
 

関連記事

最近の記事

  1. 2021年、ミーティア冬バージョン

  2. 冬の商品セールのお知らせ

  3. 晩秋

  4. リーフレット

月を選択
PAGE TOP