みーあの闘病日記 50

JUGEMテーマ:にゃんこ

嘔吐が続いたあと、ちょっと持ち直した感のある愛猫・みーあを
病院に連れて行ったら・・
「もっとぐったりしてるかと思ったけど、そうでもなくて良かった・・。」
と先生。
嘔吐の問題は・・
僕がテキトーに食道チューブを戻したせいでおかしくなったんじゃないかと
内心ドキドキ・・(汗)
「まあ・・そういう可能性もないとは言えないけどね・・」
この場合はみーあの病気に起因する嘔吐だろう、という話に落ち着き
良かったような、悪かったような・・
結局、
制吐剤でコントロールできることがベターなんでしょうが
「もし本格的に効かなくなってきたら」今回のように流動食の与え方も
より薄めて、回数を増やさなければいけない
しかし、水分が多くなり過ぎると・・
猫の小さい胃袋のキャパでは吸収できなくなるかも(結局リバース?)・・
難しいな~
ただ・・
思いもかけず、好材料も出て来ました。
入院を視野に入れていたので、また血液検査をしたのですが・・
BUN が 85 から 157 (基準値 13.1~29.5)
リンが 7.6 から 18.4 (基準値 1.7~7.2)
これは悪化した項目・・(汗)。
週末の嘔吐騒動でレンジアレン(リンの吸着剤)が投与できなかったせいかな?
もしかして腎臓のサポートフードを食べれたら良くなるのかもしれませんが。
でもこれ、まだ過去最悪の数値を下回ってるんでね、マシなほう・・?
クレアチニンが 5.1 から 4.1 (基準値 0.9~2.1)
この項目だけの話なら腎不全のステージが重度→中等度にやや後退してます。
現実的には「気休め」程度の意味しか持ちませんけどね。
ヘマトクリットが 11% から 16% に改善!
これにはちょっとほっとした。
「貧血猫の話」でウチの子ほどの低数値はあまりお目にかからないので
少しでも数値が良くなるのは単純にうれしい。
なぜそうなったかは分からないけど・・?
総合的に判断して
入院治療は見送りになり・・
在宅で
嘔吐のリスクをなるべく抑えるために
流動食の摂取量をやや控えめにし
皮下輸液の回数を3日に1回から1日おきに増やし
セレニア、レンジアレン、スタンゾームをきちんと与え・・
1週間が経過しました・・。

今夜(2月22日・・ちなみに猫の日)は下まで降りてきましたね(嬉)。
明日(定休日)は久々に病院に行かずに済みそうだ~!!
あっ・・
でも口ではまだフードを食べてくれません・・(悲)。
 

関連記事

最近の記事

  1. 2021年、ミーティア冬バージョン

  2. 冬の商品セールのお知らせ

  3. 晩秋

  4. リーフレット

月を選択
PAGE TOP