みーあの闘病日記 41

JUGEMテーマ:にゃんこ

食道カテーテルの手術までの1週間・・
「やると決めた」・・とはいえ、別にやめるのもありだし
喉に穴を開けるこの方法より、
設置の負担の少ない経鼻チューブに変更するという手もある・・
ただ不快感・違和感はそっちのほうが強いらしく
チューブの径が小さくなる為、流動食の注入が面倒になる、と聞き
”おすすめの”食道チューブを選んだのですが・・どうなんだろう?
なかなか悩ましい問題です。
手術前夜になり
「絶食状態にしておいて下さい。」という話があったのを思い出し
フードトレイを空っぽにしました。
すると・・
トレイの前からしばらく動かなかったり、それをひっくり返したりと
「(ごはんがほしい~!)」
と猛アピール!?
あれ・・?食欲・・なかったはずなのにな~?
こうなるとまた迷ってしまうけど、
手術がきっと「正しい選択」なんだと思いなおして
腹ペコのみーあを、家族みんなでなだめすかして(?)一晩過ごし
翌朝病院へ・・。
実際に手術をするのは午後からだったので
「朝食」はNG だけど
前夜のうちなら別に餌を与えてもらっても良かったんですよ(苦笑)
と言われ、僕の誤解でみーあに辛い思いをさせてしまった・・
申し訳ない(汗)。
夕方になり・・
手術が終わった(であろう)みーあを
学校から帰ってきた息子・ハリーも連れてお迎えに行きました。
すると先生から
「元気はありますが、ちょっと問題が発生しまして・・。」
外科手術によって、おそらく頸部にある交感神経経路を遮断?圧迫?してしまい
片目だけ縮瞳(瞳が小さくなる)が起きてしまった・・(ホルネル症候群)。

自然に治る場合もあり、視力に影響はないそうなので
とりあえずこの件は経過観察・・。
問題の食道カテーテルは・・

首の付け根からアンテナみたいにチューブが飛び出してます。

バンダナを巻いてみましたが、いまいちしっくりこなかったので・・

嫁さんがこんなの作ってみました!

小さくなったハリーのジーパンの再利用です。
さあ、これでもうひとがんばり!ですね!
 

関連記事

最近の記事

  1. 春から初夏へ・・

  2. 店内(プチ)改装詳報

  3. 春の訪れ・・怒濤の年度末

  4. 臨時休業のお知らせ

月を選択
PAGE TOP