ついでにポール・スミス展 (てんしゅ)

今週の定休日は、ハッピーマンデー(敬老の日)で

 

嫁さんが習っているお花の先生の、花展が名古屋の松坂屋で開催中ということで

 

二人で出かけることにしました。

 

 

ちなみに中学生の一人息子は翌日のテストに備えてお留守番・・。

 

 

どのくらい勉強をしてくれるのか分かりませんが(苦笑)

 

彼に親の趣味に付き合う気はまったく無く(お花だしね・・)

 

こっちも付き合わせる気は無かったので

 

まあ、妥当な落とし所かなと。

 

 

 

 

 

生け花のことは、正直よく分かりませんが

 

一応「美」に関わる仕事をする者にとって

 

こういう「感性を刺激すること」は有意義な体験になると思います。

 

実際のところ

 

伝統と革新が混在する、命ある草花のオブジェの数々はどれも独創的で

 

感心するものばかりでした。

 

祝日の名古屋、しかも花展は最終日ということもあり、かなりの盛況で

 

落ち着いて回れなかったのは少し残念でしたが

 

たくさんの人を魅了する、こういう世界があるんだ

 

・・ということを知るのも含めて、勉強ですね。

 

 

 

 

 

昼食を挟み・・

 

 

 

 

 

 

「寅福」の定食はリーズナブルな割に、質・量ともに満足度が高いね。

 

 

 

 

 

 

ついでにもうひとつの「展覧会」も覗いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

ポール・スミス展です。

 

 

世界で高い人気を誇るイギリスのファッションブランド!

 

2013年にロンドンのデザイン・ミュージアムで開幕し、ヨーロッパ各地を巡回した展覧会が

 

この秋、いよいよ日本にやってきた!

 

・・ということらしいです。

 

 

生け花の、和の伝統の世界をベースにしたものとはまた違う

 

ユニークでクリエイティブな世界観を堪能できそう・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにディスプレイされてあるものすべてが、いちいちクールでポップでおしゃれ!

 

しかも驚いたことに・・?

 

展示はすべて撮影が自由だったり!!

 

スマホを使った音声ガイドの無料サービスが受けられたり

 

(会場限定配布品の展覧会オリジナルイヤホンが配布されます!)

 

インスタやツイッターと連動したプレゼント企画があったりと・・

 

 

展覧会全体に「今っぽい」ギミックが散りばめられている感じがして

 

面白かったですね~♪

 

 

 

 

 

 

 

僕の”感性”も

 

「この一日」で、少しは磨きがかかったかな・・(笑)?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 2021年、ミーティア冬バージョン

  2. 冬の商品セールのお知らせ

  3. 晩秋

  4. リーフレット

月を選択
PAGE TOP