「ラピュタ」と「風立ちぬ」

 息子・ハリーが地上波でやっていた

「ジブリ祭り」にはまりまして・・

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、

僕自身もアニメは嫌いではないので

我が子のそのような嗜好も、歳相応に「ありかな」と。

仕方ないというか・・。

で、

ジブリキャンペーンにまんまと乗せられて(?)

今公開中の「風立ちぬ」も観に行きたい

という話に。

う~~ん・・。

ジブリも・・というか宮崎駿も時代とともに

作品のテイストが変わるのは当然だと思うのですが・・

10歳男子的に「風立ちぬ」は・・どうかな・・?

「面白くないかもよ?」

と一応念をおして、夏休みの子供サービスと割り切って付き合うことに。

(ポケモンムービーで終わりのはずだったのに・・)

上映後、感想を聞くと・・

荒井由美を口ずさみながら・・

(ひ、こ、おうきぐも~♪)

「面白かったよ!」と言っていたけど・・

僕は嘘だと思っています(笑)。

僕の感想は・・

まっすぐでブレない主人公や

あの人好みの数々の「機械」

やや強引に?ねじ込んであるファンタジックな演出や

ジブリお得意の手描きタッチなど・・

「らしさ」は健在!

もはや伝統芸能の域です。

が・・

実在の人物、実際の歴史をモチーフにしたのが

リミッターになってしまったか・・?

話がちょっと「大人」しい感じ・・なのに

登場人物の心理・行動にいまいち、リアリティがない・・

飽きる事なく最後まで観れたのですが

なんか物足りない感じがして・・

で、久々に見た「ラピュタ」!

以前の印象では「ナウシカ」の後だったからか

「小粒な作品」ってイメージだったけど

いやいや・・

しっかり”冒険活劇ファンタジー”してましたね!

(小難しいテーマもなさそうで・・)

ハリーも単純に楽しんでたんじゃないかな。

まあ・・

巨匠も昔と今では果たす”役割り”が違うってことか・・

関連記事

最近の記事

  1. 浴衣撮影会

  2. 私自身が苦しんだから伝えたい【バイオプロポーザーフェムテック講習会へ参加】

  3. ヘアケア商品セール開催中

  4. 浴衣撮影会♪

月を選択
PAGE TOP