「スパイダーマン:ホームカミング」です (てんしゅ)

今週の連休初日

 

僕は歯科検診の予定が午前中にあり

 

息子はもう新学期で学校、嫁さんは友達と出かけて留守・・

 

で、お昼から一人で何しようかな~?

 

と考え・・

 

 

 

 

 

市内のシネコンで

 

「スパイダーマン:ホームカミング」を観ることにしました♪

 

 

 

公開スタートがお盆前で、まだまだ余裕で見られると思っていたのですが

 

上映スクリーンが2つしかなく、しかも片方は4DX・・

 

迷わず日本語吹替え版の2Dを選んだのですが(字幕版は無かった)

 

 

 

もう少し遅い時期だと、上映終了してたかも・・アブね~

 

最近は話題作でも上映期間が短いですね。

 

 

 

 

 

さて・・

 

アメリカ人が大好きだからなのか・・?

 

ここ近年で、スパイダーマンの映画化はこれで3度目。

 

しかも、同じシリーズの続編ではなくて「シリーズ化」が3度目!!

 

何回ヤルねん・・と突っ込みがありそうですが(笑)

 

今回の「シリーズ」は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の流れで

 

「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」からの続き・・

 

つまり

 

前2作ではアンタッチャブルだった「アベンジャーズ」の世界へ!

 

ついにスパイダーマンも参戦できたという意味で、なかなか興味深い・・

 

映画を作る上での「大人の諸事情」を乗り越えたか・・って感じかな。

 

「シビル・ウォー」でも、おいしい登場で物語を盛り上げてくれましたが

 

今後の MCU での絡みにも期待が膨らみます。

 

まずは今作で、”主役”としてしっかり爪跡を残したいところ・・?

 

 

で、感想ですが(若干のネタバレを含みます・・)

 

 

かる~い感じで楽しめる良作!ってとこかな♪

 

主人公・ピーター・パーカーがまだ高校生と若く

 

トニー・スターク(アイアンマン)に大人の正論で説教くらってへこむところや

 

親友や、憧れのヒロインとの青春学園ストーリーや

 

スパイダー・スーツに内蔵された A.I に色々教えてもらうくだりとか

 

勉強は凄く出来るはずなのに、なんか間抜け。でも一生懸命な感じとかが

 

他の MCU のキャラクターよりも親近感が湧くし

 

他の作品とは違う味が出せていて、上手くはまっていた気がしました。

 

前半はご近所の平和を守る半人前ヒーローとして、スケール小さめの感もあったけど

 

(わりと「スパイダーマン」って、そんな感じ・・)

 

徐々に、見応えのあるアクションシーンと、若者の成長のドラマが融合する展開に♪

 

 

今後も・・

 

コレを含めて、他のマーベルヒーローの動向もより気になってきちゃいますね・・

 

きりがないな~(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

最近の記事

  1. 秋のミーティア

  2. 中部美容専門学校卒業式

  3. 連絡事項

  4. 夏期休暇のお知らせ

月を選択
PAGE TOP